ターボファンとシロッコファンの構造の違い

送風機や換気扇の浅型レンジフードやダクトファンに用いられるターボファン。このターボファンの設計の引き合いが、近代すこしずつ増えてきました。ターボファンは、換気扇においてファンの中で最も効率のよいものです。ファンを用いることにより、ターボジェットとは異なりエアフローが設定されるため、ジェットエンジン推力の増大や効率化が期待できるため、ジェットエンジンに用いられることも多いです。このターボ型ファンには、主に2つの種類があります。1つがターボファン、そして2つ目がシロッコファンといいます。どちらのファンも、主に遠心力を利用して送風を作るファンですが、この2つのファンがどのような原理で働いているのか、さらにこれらの違いを明らかにしていきましょう。

ターボファンの構造について説明します

まず、この2つのファンの構造における違いが挙げられます。ターボ型は翼が長く枚数が少ない構造となっていますが、シロッコ型は翼が非常に短く枚数が多い構造になっています。ターボ型は、同直径のシロッコと比べてしまうと圧力が低く、出せる風量も少ないですが、効率が高く静かであるという長所が現在の機器の要求を満たせています。そのため機械への採用は増えています。圧力が低いのは回転数で稼ぐことができます。比較的風量が多い・風圧も高く必要とする所に向いているファンです。排気位置に融通性があることから、リフォームに適していると言えるでしょう。また、ターボ型を用いると、燃費が良く、騒音も抑えられるよいう利点から、飛行機の旅客機や大型輸送機のエンジンに使われることも多いです。

シロッコファンの構造について説明します

シロッコファンはスプーン状の羽根で空気を押し出す遠心式方式です。ターボファンとは対照に、シロッコファンは羽根出口角度が回転方向を向くと言う形状のため、直径が小さくても圧力を高く出すことが出来、しかも風量も多く出せるという理想的な特徴をもっています。シロッコファンの欠点として挙げられるのは、効率が低く騒音が大きくなってしまうことでしょう。そのため、用途としては、小形にして風量・風圧を必要とする所に使われることが多いです。具体的には中高層住宅や高層住宅など、風の強い場所や、ダクト(排気管)の長い場所に多用されています。ターボファンとシロッコファン、その他にもさまざまな種類のファンがありますが、どのファンにおいても、機種選定は、使用する地域や環境を考慮する必要があります。

送風機とは、気体を移動させたり圧力を高めたりする機械です。 ターボファンLSKは、空調機用両側吸込式ターボファンで活躍しています。 お客様に最適な送風機のご提案とお見積りを提出いたします。 熱交換器はお客様との綿密なお打ち合わせによって設計製作いたします。 安易に価格の安いものを入れることを弊社ではよしと致しておりません。 ターボファンのことなら品質にこだわる三上鉄工にお任せ